ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介 ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報 ミリ☆カジ工務店のバイナルフェンスは木やブロックと違いお洒落で夢のあるフェンスです。 ミリ☆カジ工務店のキャンピングトレーラー
 
ミリ☆カジ工務店のブログ
ミリ☆カジ工務店社長の写真集です。今までに行ったアメリカの風景写真をご紹介
ミリ☆カジ工務店のお問合せです。
 
 
 
 
 
ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介 ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介 ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介 ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介
 
建築物にとっての快適さの一つは温熱環境が良いことです。快適な温熱環境を実現するには断熱、気密、計画換気、全室冷暖房の四つがそろうことが重要であるといわれています。そうして、これら四つがそろうことによって健康住宅につながり、省エネルギーつまり冷暖房費を減らし、地球環境の保全にとっても好ましいことになります。
また、建築物の断熱を十分に満たすには、壁だけではなく、床(又は基礎)、天井(又は屋根)、開口部(サッシ、ガラス)の断熱が重要です。
建築物の断熱方法には、大別して内断熱(充填断熱ともいう)と外断熱があります。前者は建築物の内側(充填断熱の場合は柱と柱の間を)を断熱し、後者は建築物の外側を断熱する方法です。「外断熱」は建築専門用語としてはRCやブロック造りのような熱容量の大きな建築物に使う用語で、木造建築物には「外張り断熱」という用語を用います。

 

内断熱・充填断熱と外断熱・外張り断熱のいずれにもメリット・デメリットがあり、どちらが良いかは一概にはいえません。要はいずれの方法でも断熱性能と気密性能が目標値に達していれば良いことになります。
外断熱・外張り断熱は施工性がよく、気密がとりやすいなどの理由で、近年増える傾向にあります。ただ、外断熱・外張り断熱は外装材を厚い断熱材の上に施工するので、重い外装材を使用する場合、次のような問題点が指摘されることがあります。

【1】特別な外装下地材を必要とする場合がある。
【2】外装材の取り付けに特別な留め釘・留め金具を必要とする場合がある。
【3】外装材の重みで、外装材に緩みが生じ、その結果断熱材も緩んでしまう。
【4】地震や台風などの大きな力が加わると外装材が損傷する恐れがある。
【5】外装材の緩みでシーリングが破損し、雨漏りが生じる恐れがある。

などですが、これらの問題点を解消する一つとして、1m2当りの重量が2kg強で、窯業系サイディングの重量の約1/10である軽量な樹脂サイディングを使用するのが有利といえます。

 
 
 

Copyright (C) 2010-2017 mili-casi.com All Rights Reserved