ミリ☆カジ工務店のインポートハウジング。樹脂サイディング,輸入建材リフォームのご紹介 ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報。トレーラーハウスとは、その名の通り車輪が付いており移動が可能。移動式店舗・住居としてご利用可能です ミリ☆カジ工務店のバイナルフェンスは木やブロックと違いお洒落で夢のあるフェンスです。 ミリ☆カジ工務店のキャンピングトレーラー
 
ミリ☆カジ工務店のブログ
ミリ☆カジ工務店社長の写真集です。今までに行ったアメリカの風景写真をご紹介
ミリ☆カジ工務店のお問合せです。
 
 
 
 
 
ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報。トレーラーハウスとは、その名の通り車輪が付いており移動が可能。移動式店舗・住居としてご利用可能です ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報。トレーラーハウスとは、その名の通り車輪が付いており移動が可能。移動式店舗・住居としてご利用可能です ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報。トレーラーハウスとは、その名の通り車輪が付いており移動が可能。移動式店舗・住居としてご利用可能です ミリ☆カジ工務店のトレーラーハウス情報。トレーラーハウスとは、その名の通り車輪が付いており移動が可能。移動式店舗・住居としてご利用可能です
 
 トレーラーハウスの道路運行自主基準について
道路制限値を越えるトレーラーハウスを輸送する場合について、日本におけるトレーラーハウスの輸送の基準が明確でないため現在、米国大使館を通じ日本政府(OTO事務局)が各監督官庁と協議中でありますが、法整備などによりこの基準が明確になるまでの間、輸送時の事故等によるトレーラーハウスの関係者及び利用者の健全な発展の障害とならない様、本協会として以下の輸送自主基準を定めたので、この基準を尊主の上、安全に万全を期して運行されるようお願します。


<運送自主基準>


【1】 車輌制限令第3条の定めによる幅2.5メートル、高さ3.8メートル、全長12メートルの何れかを超える大 型トレーラーハウスを輸送する場合には、当協会の自主基準に従い輸送する。

【2】 トレーラーハウスは道路法第47条の2で定める、輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ及び総 重量のいずれかの制限値を超える「特殊な車両」となるため、輸送を行う前に「特殊車両通行許可限度算定要領」に準拠して道路情報便覧表示システム等を利用して、運行経路を調査して輸送計画を立案すること。原則として車両寸法より運行する道路の幅、長さ、高さが小さい場合には運行してはならない。

【3】 幅3.0メートル、高さ4.1メートル、連結全長16.5メートルの何れかを超えるトレーラーハウスを輸送する場合には、20時から翌朝6時までの間で先導車、もしくは後方警戒車をつけ安全策を十分に行なった上で最小限度のみ輸送すること。
※但し、夜間輸送が危険で昼間他車の通行の迷惑とならない場合等の相当な理由がある場合には、先導車または後方警戒車を付け、安全策を十分に行った上で最小限度のみ輸送すること。

【4】 輸送前には輸送に従事する関係者で、経路、時間、伴走方法を確認して、始業点検を実施して輸送に あたること。また、輸送中も随時点検を実施すること。

【5】 輸送について、警察、道路管理者からの指導、指示があった場合にはその指示に従うこと。
 
 トレーラーハウスの設置基準
トレーラーハウスを設置するときは、安全に十分留意するとともに、容易に移動できるよう、以下の自主基準を遵守して設置すること。


<自主基準>


【1】 2時間以内に移動可能な状態で設置すること。
トレーラーハウス本体はジャッキアップ等により設置するものとし、本体を直接地面に固定しないもの。
電気、水道、ガス等のライフラインの接続は脱着が容易な方法にて行う。
階段、デッキはトレーラーハウスと直接接続しない。

【2】 転倒防止対策は十分に行うこと。
 
 
ss
Copyright (C) 2010-2017 mili-casi.com All Rights Reserved